本文へジャンプ

入居者の声

偶然めぐり合った、夫婦2人で癒しライフが送れる居住ステージ

■家族構成
だんな様(研究職/茨城県・つくば学園へマイカー通勤)
奥様(会社員/茨城県・取手へ電車通勤)

■ご入居時期/2005年9月

ご夫婦

Q.以前のお住まいは?

つくば市の中古一戸建てに約4年住んでいました。最寄り駅からはバス便か、最終バス終了後は徒歩で30〜40分と、アクセスはよくありませんでした。

Q.買い替えのきっかけは?

買い替えは考えていませんでしたが、スウェーデンハウスに住んでいるという知人に「牛久駅の西側にもスウェーデンハウスが建ったので、見てくれば」と言われ、何気なく見学に。目的の家の隣の土地から見た、後ろの公園に咲く桜がとてもきれいで、一目で、その土地が気に入りました。駅に近いことも魅力だったので、何度か同タウンを訪問。住んでいる中古住宅を売ってローンを完済しても資金が残り、新たなローンも範囲内だったので購入することにしました。

Q.桜以外に、立地面でご満足していることは?

入居後、どこかのお宅で音を流しているのでは? と思うくらい、ウグイスなどの鳥の鳴き声がよく聞こえたため、驚きました。先日、友人が遊びに来たときに、私たちが留守で少し待たせたのですが、友人2人はガレージ奥に置いてあるベンチに座って待っていて「緑が多く、鳥の声も聞こえ、高原にいるみたい」と、逆に楽しんでいました。自然環境には大満足しています。日常生活では、駅前に仕事帰りにサッと買い物ができる「イズミヤ」があるので便利です。

眺望、自宅のベンチ

ご夫婦

Q.お住まいに対するご感想は?

ハウスメーカーは、3社のプレゼンだったのですが、私たちがフリーソフトを使ってつくった間取りプランにぴったりの設計提案をしてくださった会社にお願いしたため、不満はありません。とくにこだわった部分は、桜をキッチンからではなく居間から見えるように、そして、夏は涼しい北側の居間で、冬は暖かい南側の和室で過ごせるように、キッチンカウンターを真ん中に配置したことや、2階の階段上に設けたホールのような多目的スペースなどです。

自宅で育てているシソやミョウガ

Q.同タウンに転居されてから、楽しむようになられたことは?

休日は周辺をよく歩きますね。時間があるときには、犬の散歩をしながら、駅東口の観光名所にもなっている「シャトーカミヤ」へ行き、ビールやワインを飲んだり、ワインの量り売りを買って帰ることもあります。家では、庭が広いのでシソやミョウガなどを植え、お料理に使うようになりました。

シャトーカミヤ、ImagePhoto

ご夫婦

Q.同タウンに対するご感想は?

国道に近い割には静か。道幅が広いのに路上駐車はなく、皆さん、挨拶や犬の散歩中などのマナーもよく、ルールを守る人が多い街だと実感しています。

<平成21年8月22日取材・8月22日撮影>

※掲載の分数表示は、自転車分数は1分=240mとして算出しています(端数切り上げ)。( )内の距離は地図上の概則距離です。